岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

12月14日から、

『岩井商人の必勝!財政学2017』

の発売を開始しました。

最新の財政データに基づいていますので、平成28年度予算にも完全対応しています。各論点に過去問演習やオリジナル問題演習を入れていますので、インプットしながら頻出論点のアウトプットを行うことができる効率的な講座です。

財政学の全範囲をたった10時間でカバーできますので、時間を節約したい方にもおすすめの講座です。



Amazonランキング1位獲得講師が教えます
たった10時間で財政学を完全攻略
岩井商人の必勝!財政学2017
http://hissho-club.com/zaiseigaku2017/

関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20161217131809 | 編集

8月28日(日)から、

岩井商人の倍速!経済学2017

が発売されます。

この講座は、特に数学が苦手な文系の方でも経済学を攻略できるように様々な工夫がなされています。

特に、できるだけ数式を使わずに直感的に理解できるように、分かりやすい文章や図などを用いて理論的なことを説明しています。

一方、分かりやすくはなっていても、内容は超一流! 来年の公務員試験で出題が予想される論点はほとんどカバーしていますので、復習の職種を併願する方向けにも十分使っていただける講座です。

学習の際にわからない点があればいつでもメールで質問できます。

ぜひこの講座で一緒に勉強して経済学を得意にしてください!

============================
Amazonランキング1位獲得講座
経済学博士がゼロから教えるコンパクト&パワフル経済学
岩井商人の倍速!経済学2017
http://hissho-club.com/keizai2017/
============================


関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(1) | 20160828192202 | 編集

書店やAmazonでチェックすると、経済学の過去問集って、けっこうたくさんあることに気付きます。あまりに多すぎて選ぶのが大変。。。と感じることも多いと思います。

さて、数ある過去問集の中からどういう観点で選ぶのがよいかというと、ズバリ、

解説がわかりやすいかどうか

という観点で選んでください。過去問集によって掲載されている問題にも違いがありますが、大差ありません。でも解説には大差があります。

とくに経済学は、各論点ごとの計算過程や解法プロセスをキッチリ押さえることが得点するためにはなにより大切となります。でもその肝心な計算過程や解法プロセスが丁寧に解説されいてない過去問集だと、そもそもそれらを身につけることができません。計算過程を端折っていたり、解法プロセスが曖昧な過去問集の解説は読んでも時間のムダです。特に計算が苦手だと感じている場合は、特にこの観点を重視して過去問集を選ぶようにしてください。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2017/

=====================================

【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数




関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20160803191718 | 編集

公務員試験で課される数多くの科目の中で、1、2を争うほど「苦手」される確率の高い科目が経済学。おそらく文系受験生が多く、経済学が数字や数学を使うために敬遠されがちなのがその理由だと思います。

予備校の講座や市販の過去問集などを使って頭から学習を始めても多くの場合、早々につまづいてしまうようです。

しかし!!! この最初の「つまづき」の時こそが、経済学を苦手科目としてしまうか、そうならないかの分かれ道になります。

結論から書くと、最初のほうでつまづいても気にせずに次に進んでください。つまづいた箇所が理解できなくても全く気にする必要はありません。

なぜかというと、経済学は、学問的な構造がしっかりとした科目なので、論点ごとの関連性が非常に強いのが特徴です。そのため、ある論点が分からなくても、他の論点が理解できると、その分からなかった論点まで分かるようになってしまう、というケースが多々あります。これはミクロ経済学、マクロ経済学どちらにも当てはまることです。

したがって、分からない論点に出くわしたとしても、とりあえずスルーして先に進んでしまってください。几帳面に1つずつ論点を最初からクリアしていく、という学習方法は経済学では時に非効率となり、苦手科目と感じるようになってしまう大きな原因となっています。

とにかく最後までやりきってから、もう一度最初に戻って学習していくと、最初にやったときにはチンプンカンプンだった論点がなんとなく理解できてしまう、ということはめずらしくありません。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2017/

=====================================

【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数


関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20160707140636 | 編集

みなさん、ご無沙汰しております。先日、国家公務員総合職本試験がありました! 必勝倶楽部受講生の皆さんも、今後の本命とする公務員試験のために受験された方が多くいらっしゃったことと思います。

試験終了後、「今年の本試験は例年に比べてどうなのですか?」という質問がかなり届いていますので、ちゃんと公表しようかと思います。ただし、私は経済区分以外については何も語る資格がないので、その点はご容赦願います。

まずは、教養科目ですが、数的と社会科学(経済)はきついですね・・・。昨年、現試験制度になってから総合職の教養試験は初めて平均点が20点を超えましたが、また元に戻るのは確実ですね。

そして、専門科目全体についてですが(繰り返しになりますが、私は経済区分しか判断できません。法律区分の方の助けにはならないことをご了承ください)、統計計量以外は明らかに昨年より難しくなってますね…。

特に国際経済学なんか、正直、私のテキストの範囲なんか余裕で超えています(言っときますが、皆さんがきいたことのある予備校の教材じゃ、もっと太刀打ちできませんよ!)。

要素価格均等化領域(要素価格均等化定理じゃないですからね!勘違いしないでください)、オーバーシューティングでそれぞれ1問出るなんて想像もしてませんでした(問題自体は知っていれば瞬殺レベルの易しさですが、知らなかったらどうしようもないですよね?特に要素価格均等化領域は…)。

理論科目が難しくなるときは、事情系科目が易しくなるのが例年の傾向なのですが、今回は事情系科目が2択に絞るところまでは容易にいくけれど、最後で間違える…という問題が多いと感じました。

昨年の経済区分は素点で43点が1次試験合格の最低ラインでしたが、今年に関しては少なくとも専門の平均点は1点程度下がることでしょう(昨年の問題でも平均点は17.5点ですよ!)。

1次合格ラインは合格者数をどの程度出すかによって変わるので何とも言えませんが、もし昨年と同じ520名もの大量合格となるのならば、素点で40点前後までの受験生は2次対策に邁進すべきであると思っています。択一終わってからただひたすらうだうだ悩んで、6月7日に合格したときに取り返しのつかない事態に陥らないためにも、該当する方は、せめて過去5~10年分の記述問題を本番仕様で解いてみるべきでしょう。困ったことに、この時期って、いろんなところで、「○○点じゃあ、もう無理!」とかいって、ライバルのやる気を削ぐような書き込みが目立つことと思いますが、それこそ、経済学で言うところの情報の非対称性の餌食になっていることを忘れずに! 過去のデータをちゃんと把握していれば、こうしたことを言う人は、「かわいそうな人…」と憐みの眼で見てあげることができるでしょう。

こういう落ち着きを持った人が、最終的に公務員試験の合格者となることを忘れずに、皆さんは試験勉強に邁進してください!

それでは、また。

  

*「時事オリジナル完全予想問題集」をご購入たただいたみなさまから、「今年度出題可能性の高い論点をさらに完璧にしたい!」とのご要望を数多くいただきました。そのご要望にお応えして『時事オリジナル完全予想問題集2』を緊急発売します。超直前期の集中アウトプットにより、これで時事対策は完璧だと思います。
 ↓↓↓
『時事オリジナル完全予想問題集』新発売!

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================

【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数



関連記事 [本試験分析]
本試験分析 | コメント(0) | 20160529003646 | 編集
| HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
    © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。