岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集



みなさん、こんにちは。勉強は進んでますか? 講義の中で、私は「経済学って暗記量はとても少ないんだよ」といっていますが(まあ、さすがに数的よりは多いですが…)、それでも計算問題ではどうしても最低限の暗記は必要になります。いわゆる公式というものですが、公式というだけで拒絶反応を示す人は多く、それで経済学が嫌になってしまいがちです。そんな人は、最初のうちは意味を考えながら公式を一つ一つ覚えていくのがよいかと思います。

経済学の計算問題で最もよくつかわれる公式の一つに、

P=MC(価格=限界費用)

というものがあります。これは、完全競争市場(とりあえず、今は売り手も買い手も数えきれないくらいたくさんいる市場のことだと理解してください)における企業の利潤(=儲け)最大化条件を表すものなのですが、「どうして企業が一番儲けを大きくする条件が、P=MCなんだ?価格なんて高ければ高いほどいいに決まってるじゃないか?」と初めのうち悩む人は意外と多いです。この公式が利潤最大化条件になるのは次の理由からです。

売り手も買い手も数えきれないくらいたくさんいる市場だと、モノの値段は、あるお店の意向で勝手には決められないですよね?値段を釣り上げた店なんか誰も相手にしてくれません。なので、結局のところ、どこも同じ値段にならざるを得ません。ということは、あるモノを1個売ったら、そのモノの値段だけ、店に収入が入ってきます(完全競争市場では、何個作っても値段は変化しません)。一方で、モノを作るにはコストが発生します。店の規模は今変わらないとすると、モノをどんどん作ると、追加的にコストが発生します。この「あるモノを追加的に1個作るときに発生するコスト」のことを限界費用というのですが、店の規模が変わらない状況で生産量を増やそうとすると、バイトさんにその分長時間働いてもらう必要があるので、お店は、収入とコストを天秤にかけることで自分たちの儲けが最も多くなる生産量を決めていきます。追加的に入る収入の方が多ければ、お店は生産量を増やしていきますが、そのためにはバイトさんにその分の賃金を払わなければならないので、追加的に発生するコスト(限界費用)は次第に増加していきます。やがて、限界費用の方が価格を上回ってしまうと、店にとって追加的に生産した分について赤字が発生してしまいますので、今度は店は生産量を減らしていくことになります。こうした試行錯誤を経て、最終的に「P=MC」(価格=限界費用)が、完全競争下にある企業の利潤最大化条件になるのです。

このように、公式には実は、これだけ大きな意味が込められているわけです。今日取り上げたのはほんの一例ですが、経済学の公式には皆ちゃんとした意味があります。なので、最初のうちは、ゆっくりでいいから意味を考えながら取り組んでいくとよいかと思います。

それではまた。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20150826141544 | 編集

みなさん、こんにちは。経済学の勉強を始めた方も多いと思いますが、いきなり躓いて勉強が嫌になったりしていませんか?これからは、寄せられた質問を基に、これは受験生が共有すべきと判断したものについて随時掲載していこうと思います。なので、皆さん、自分で一生懸命考えてもわからない質問を積極的に寄せてくださいね。

【問題】
ある国のマクロ経済は、穀物と衣服のみから成り立っており、それらの2000年と2010年における消費量と価格は以下の表のとおりであった。このとき、ラスパイレス指数を用いて計算した消費者物価指数について、2010年は2000年(基準年)よりも何%上昇したか。

穀物衣服
消費量価格消費量価格
2000年(基準年)20トン10万円/トン1000着1000円/着
2010年30トン11万円/トン800着1400円/着

この問題は問題文にもあるように、ラスパイレス物価指数の公式に当てはめれば答えはすぐ出ます(テキストの9ページに公式出てますから、それに従い計算してください)。テキストにもあるように、ラスパイレス物価指数は「基準年の数量」を用いて計算した物価指数です。この「基準年の数量」を無視してしまうと、答えはいつまでたっても得られません。基準年の数量って、穀物は20トン、衣服は1000着ですよね?つまり、問題の表にある30トン、800着というのは単なるダミーであり、この問題では一切使用しません(試験では、こういう落とし穴に引っかからないことが合格への秘訣です)。
ですから、分母、分子両方にこの数量を用います。ただし、値段については、分母には基準年(2000年)の価格、そして分子には比較年(2010年)の価格を用います。
よって、ラスパイレス物価指数は、

ラスパイレス物価指数
=(20トン✕11万+1000着✕1400円)/(20トン✕10万+1000着✕1000円)
=360万/300万
=1.2(=20%上昇)

となるのです。ちなみに、ラスパイレス物価指数が意味するところは、「基準年(2000年)の時に買った数量を、比較年(2010年)の価格体系において購入したらどのくらい金額が増減するのか?」ということです。これと混同しやすいのが、パーシェ物価指数でその代表がGDPデフレーターです。GDPデフレーターもよく用いられる物価指数の1つなのですが、ラスパイレス物価指数との違いは、現在(比較年)の数量を用いて計算した物価指数という点です。もっとわかりやすく言えば、分子は「比較年において、モノを購入するために支払った金額」が、そして分母には「比較年に購入した数量を基準年の値段で購入した場合に支払うべき金額」がきます。ゆえに、上記の問題を、もしパーシェ指数を用いて計算すると、比較年(つまり2010年)の数量って、穀物は30トン、衣服は800着ですので、今度は20トン、1000着が単なるダミーであり、一切使用しません。ゆえに、

パーシェ物価指数
=(30トン✕11万+800着✕1400円)/(30トン✕10万+800着✕1000円)
=442万/380万
≒1.16(=16%上昇)

となります。

今の結果から明らかになったように、一般に、物価指数はラスパイレス指数よりパーシェ指数のほうが低く出ます。このことを知っておくと、物価指数に関する問題で、ラスパイレス指数とパーシェ指数の組み合わせを選ばなければならない場合、計算することなく選択肢を絞り込むことができ、時間を短縮することができます(ちなみに、統計学ではこうした現象をパーシェ効果といいます。財務専門官試験で統計学を選択科目として考えている人はこのくらい知っておいてくださいね)。これも裏ワザの1つです。

それではまた。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================



関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20150823130418 | 編集




みなさん、こんにちは。15日に発売開始していきなりAmazonランキングで1位をいただき、「こりゃ、相当気合い入れないと!!!」と改めて気を引き締めています。経済学って分かれば分かるほど楽しい科目ですので、一緒に楽しんで勉強していきましょう! すでに受講生から質問をいくつかいただいており、来年の合格を目指す受験生のみなさんのモチベーションの高さがとても嬉しいです。

今日のお題は少し変わっています。タイトルを見て、「何、これ?」と思った人がほとんどだと思いますが、内容は結構まじめな話です。

公務員試験において、経済学が試験科目にないところは市役所レベルだと普通にありますが、教養論文(試験種によっては総合論文となっているところもあります)が課せられていないところはほとんどないと思います。別に、私は教養論文の書き方について語るつもりはありません。ただ、ミクロ経済学と教養論文は本質的に同じだということをお話ししたいだけです。

最近の教養論文は、複数の資料が用意されているケースが多くなっています(その先駆けは国家公務員総合職試験で旧国家Ⅰ種時代から行われており、数年前から東京都庁が類似の形式を採用するようになり、その後多くの公務員試験で複数の資料を提示する形式が増えていったという歴史的経緯があります)が、書き方について一定の訓練を受けていない人はこれを無視する、あるいは1つの資料しか活用しないという傾向が支配的です(なぜ、そんなこと知っているのかというと、実は所属する大学で私の経歴を知っている学生が、公務員試験が近づくと「論文書いたので見てほしい」といってくるからです)。でも、最適消費の計算問題で制約条件(要するに予算とか各財の価格)を無視する人なんていませんよね?(そもそも、無視したら答え出ません)おそらく、法律や自然科学分野などの問題でも同様だと思います。それなのに、教養論文になると、制約条件を無視して自分の考える政策や公務員としてのあるべき姿を展開することに終始する人が多いことに、いつも不思議な思いがします。たまに「自分は普段から文章を書く習慣があるから教養論文には自信がある」といってくる学生がいますが、教養論文は作文やマニフェストではないので、文章力だけで高い評価が得られるわけではありません。論文の評価が高い学生は、自分が意識していないだけで、実は専攻分野(法律でも経済でも何でも構いません)の根本的な思考がしっかり身についている結果だと私は理解しています(もちろん、文章表現力も大事ではありますが…)。

なので、これから経済学を勉強する皆さんには、闇雲に計算力の強化に走るのではなく、前提条件や制約条件というものをしっかり見極めつつ学習していってほしいと思います。それが、教養論文等、他の試験科目の実力養成にもつながります。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20150819104248 | 編集

8月15日に発売した、私が講義を担当する講座

岩井商人の必勝倍速マスター講座2016<経済学>

が、Amazonの公務員試験部門ランキングで1位となりました。

  2016経済学ランキング



私の講義方法やテキスト執筆理念に少しでも共感いただいた方が多くいらっしゃるというのは非常に嬉しいことですし、受講生の方といっしょに合格を目指して行ければと思っております。このブログでも経済学そして公務員試験に関する情報を随時発ししていきたいと思いますので、講座ともどもよろしくお願いします。

関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(0) | 20150817104831 | 編集

みなさん、こんにちは。前回に引き続き、今週土曜日(15日)に発売される必勝倍速マスター<経済学(ミクロ・マクロ経済学)>の特徴について、今度は講義内容およびフォロー体制についてお話しします!

★必勝倍速マスターミクロ経済学 第1回★




2.講義

①テキストと完全連動!

通常、予備校の講義ってテキストと講師のオリジナルレジュメが配布されるけれど、実際の講義では講師のレジュメしか使われないことが多いですよね?「一体、テキストは何のためにあるんだ?」と活用法に悩むことありませんか?一方で、倍速マスターは私が作成しそして実際に講義も行うので、そうした無駄は一切ありませんし、テキストの章立てに完全に合わせて講義が進行しますので、毎回の講義内容はテキストの目次をみれば一目瞭然です。なので、予習(実際には必要ありません)・復習が容易に行いやすいです。

②予習は一切不要!

大学の講義だけでなく、予備校でも予習を強いる先生は結構多いです。大学の場合は、仕方ありませんが、予備校でも予習を要求されるのって、何かおかしいと思いませんか?だって、効率的に試験勉強を行いたいから、高いお金払って予備校に通っているのに予習をしないと講義の理解に支障をきたすようでは、何のために予備校に入校したのか訳が分かりません。

これに対して、私の講義では予習は一切必要ありません。初めて聞く内容も、身近な具体例をふんだんに使用することで、その回の講義内容を簡単にイメージできるだけでなく、概要も理解できるようになります。そして、知識の定着を図るために、たくさんある本試験の中でも学習効果の高い良質な問題の解説を行います。

③短時間でも効率的な学習ができるよう、各回講義は、1単元20分程度×5単元

予備校の生講義に参加すると、1コマあたり2.5~3時間程度で、間には10分程度の休憩をとるケースがほとんどだと思いますが、これだと時間のない人にはちょっとつらいですよね?私の講義では、各回とも5つの単元に分け、各回単元20分程度と、時間のない人にも配慮した構成となっています。

3.経済分野の質問ならなんでもOK!のフォロー体制

予備校の講義後に経済学の質問をしても、納得のいく答えが得られなかった経験ってありませんか? または、メールで質問しても1週間近く放置された経験はありませんか? 私ならば、ミクロ・マクロ経済学に限らず、財政学や経済政策あるいは経済事情といった経済分野のどんな質問でも迅速に対応します。公務員試験では効率性が最優先されるので、わからない問題等があれば、いちいち市販の基本書に立ち返るのではなく、どんどん積極的に質問しましょう。それが、経済学を得意科目にする一番の近道です! さあ、早速はじめましょう!

==============================
8月15日(土)特別価格にて発売!
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

==============================


関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(0) | 20150812125801 | 編集

みなさん、こんにちは。これまではずっと公務員試験における経済学を効率的に勉強する方法について書いてきましたが、今週末

15日(土)20時

から、私が執筆そして講義を担当した

必勝倍速マスター講座2016<経済学(ミクロ・マクロ経済学)>

が発売されることから、今回、次回の2回に渡り、講座の特徴についてお話しします!



1.テキスト

①薄いのに、内容が濃い!

実際に手に取っていただければわかりますが(サンプルテキストはこちら⇒)、ミクロ約180頁、マクロに至ってはわずか約150頁というように、既存の公務員試験向けのインプットテキストに比べて大幅にページ数が抑えられています。一般的には「ページ数が少ない=内容も薄い」と思われるかもしれませんが、これでも、ほぼ全ての公務員試験に十分対応できる内容となっています(例えば、実際に受験した人ならわかるかと思いますが、H27年国家一般職専門№39とか財務専門官専門№18について、お手持ちのインプットテキストで対応できてますか?)。

それを可能にしたのが、数学的知識の説明の簡素化と図の多用です。経済学のインプット用テキストって、冒頭に部分をはじめとする数学的知識の説明に多くのページ数を割いているため、数学が苦手だけど経済学を選択せざるを得ない多くの受験生は、試験科目として経済学がお買い得であることを実感することなく挫折してしまいます。仮にここを乗り切ったとしても、今度は一転して初学者向けに冗長なまでの文章による説明、さらには実戦力養成にはとても寄与しない超初歩的な確認テストが待ち受けており、受験生のやる気を削いでしまいます。

これに対して、私の講座で使用するテキストでは、数学知識の説明は2頁で済ませ、すぐに本題へと入っていきます。そして図をふんだんに使用することで、眼そして頭に記憶してもらい、それを式や文章で表現し直したものが本試験問題であることを徹底して理解してもらうように、代表的な本試験問題の説明をします。こうすることで、限られたページ数で最大限の効果を得ることができます。

②近年の出題傾向に対応した章立て編成

「経済学は理論科目だから多少古い教材でも変わらない」と考えている人が多いと思いますが、それは大間違い!!! 10数年前の過去問と比較すると、ミクロ、マクロともにかつては応用論点とされていた分野からの出題が増加している一方、計算力がモノを言う問題は減少しています。

私の講座で使用するテキストも、こうした近年の出題傾向に準じた章立てとなっています。ミクロ経済学を例にとると、不完全競争市場では、基本的な論点である「クールノー均衡」はもちろん、国税専門官や地方上級で狙われやすい「ベルトラン競争」、市場の失敗では「情報の経済学」、そしてゲーム理論においては「混合戦略」「展開型ゲーム」まで触れている一方、生産者理論の比重を軽くしており、かなりメリハリの利いた構成になっています。

以上、この講座で使用するテキストは、初学者が直面する垣根を低くすることで勉強しやすく一方、経済学を得点源にしたいと考えている人向けに応用分野までしっかり網羅するという、多くのテキストとは一線を画した内容となっています。

次回は、講義内容、そしてフォロー体制についてお話しします。

==============================
8月15日(土)特別価格にて発売!
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

==============================

関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(0) | 20150809185206 | 編集



みなさん、こんにちは。前回は経済学を効率的に学習するための手段として、ERE受験のススメについて書きましたが、今回は来年の公務員試験を受験する全ての方におススメのことについて書きます。

それは、国家公務員総合職<教養区分>試験です!この試験は、毎年秋(今年は9月27日(日))に実施され、最終合格の発表は12月中旬とかなり長期間にわたる試験です。「キャリア官僚なんか興味ない!」という人も多いかと思いますが、下記の理由から、私は受験をお勧めします。

①モチベーションアップと試験の「場慣れ」のため
多くの受験生にとっての本命は、翌年春~夏にかけての採用試験ということもあり、真夏はどうしてもダレテしまいます。一方、教養区分試験は9月下旬に実施されることから、「来月下旬に試験がある!」と思えば、モチベーションアップにつながるかと思います。対策が間に合わず出来が悪かったとしても、本命の採用試験より前に本番の雰囲気を味わうことができるのですから、ここから、気合を入れ直すこともできます。

②タダで最良の模試(実施する側にとっては失礼な話ですね…)が体験できる!
公務員試験ですから受験料は当然タダですし、国家公務員試験の場合、試験問題も持ち帰りできます。さらに、教養区分は1次試験の段階で教養択一試験だけでなく、4時間にも及ぶ教養論文(科目名は総合論文)が課されるので、早い段階で論文試験も体験できます。そして、1次試験を突破できれば(まあ、ここを突破するのだけでもかなり大変なのですが…)、2時間近くに及ぶ6人一組のグループディスカッション(科目名は「政策課題討議」)、人事院面接、さらには現職官僚を前にした企画提案試験(最近、自治体で増加傾向にあるプレゼンテーション試験に相当しますが、かなり絞り上げられます)が体験できます。つまり、1次試験さえがんばって通過すれば、官民問わず就活で要求されるほぼすべての試験を先取りできるのです。最終合格できるかどうかは置いといて、秋の時点でこれだけの真剣勝負を体験すれば、翌年の本命において大いに自信になるのではないでしょうか?

以上、教養区分受験のメリットについてお話ししましたが、人事院HPをご覧になれば明らかなように、出願期間は今月5日からのわずか2週間です!本命はあくまで翌年春のつもりで臨めば、過度に緊張することもないと思いますし、せっかくの機会を利用しない手はありません。さらに、今年度よりTOEICやTOEFL等のスコアが最終合格決定時の加点対象となりますので、英語が得意でTOEIC730点以上のスコアを既に保持している人はチャレンジする価値大ありですよ。

==============================
8月15日(土)特別価格にて発売!
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/

==============================

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20150806123850 | 編集



突然ですが、みなさんはERE(経済学検定試験)という試験をご存知でしょうか?

これは、『主として経済学部および社会科学系学部の学生を対象に、全国規模で経済学の数理的・理論的な基礎知識の習得程度と実体経済での応用能力のレベルを判定する試験』で、年に2度(夏・冬)実施されています。大学によっては、この試験で高スコアを得ると単位認定がなされ、私もある大学でこの試験向けの講義を担当し、多くの履修者がいます。

 専門科目の勉強がある程度進んでくると、過去問演習に飽き足らず、全国の受験者の中で、自分が現在どのあたりに位置しているのか、どうしても気になってくるものです。予備校が実施する模試を受験するのも一つの方法でしょうが、一度でも受験したことがある方ならばお分かりのように、予備校の模試は近年、実際の出題傾向と大きくかけ離れがちですし(おそらく経費削減の影響だと思うのですが、うちの学生が質問のため持ってきた問題が去年の学生が持ってきた問題と全く同じということが何度もありました…)、お金もかなりかかります。また、母集団の大きさを謳っている場合であっても、実際には自宅受験を人数に含めているケースが多いので、実際に受験してみると母集団が小さくてとてもじゃないけれど相対的位置を把握することはできません。一方でEREは12月初めに実施されますので、年内にどこまで勉強が進んだのか確認するのにちょうどいいですし、受験者数も1,000名を超えますので(ミクロ・マクロのみの場合)、自分の相対的位置を把握するのにちょうどよいです。

 しかし、私がERE受験を勧める最大の理由は次の2点にあります。第1に、EREの試験委員の多くは、現在あるいはかつての国家公務員総合職経済区分の試験委員です。これは、過去問だけでは物足らない受験生(現時点で、そんな学生がいるとは思えませんが…)にとっては、実力を試すいい機会でしょうし、EREで出題された問題が、皆さんの受験するH28年度公務員試験(国家公務員試験は総合職、一般職、専門職問わず、大学教員を中心とする試験委員制度を採用しています)を占うといっても過言ではありません。その意味で、公務員試験受験生にとっての最良の模擬試験だといえます。第2に、公務員試験受験生であっても、ある程度の民間就活を行うと思いますが、EREのスコアは履歴書に書くことができます(どの程度評価されるのかは企業により異なります。でも、模試の成績なんか履歴書に書いたら最後、「こいつは公務員志望だ!」ということで、ES段階で落とされますから、勉強の成果をアピールするには良いと思います)。

 興味のある方は、EREのHP(http://www.ere.or.jp/index.html)をご覧になってみてはいかがでしょうか?なお、大学によっては団体割引が適用されますので、所属する大学で尋ねてみてください。

==============================
8月15日(土)特別価格にて発売!
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/

==============================

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20150803121548 | 編集
| HOME |
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
    © 2015 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。