岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
経済学の専門用語になじめない方へ

専門用語になじめない方へ

みなさん、こんにちは。今回は、必勝倍速マスター経済学の受講生の方から私あてに届いた質問について書いてみたいと思います。

先日『どうして経済科目また中学・高校の公民では、受験生が国語辞書で調べてすぐわかるような用語表現がされないのでしょうか。』という質問が届きました。

質問の内容から察するに、おそらく大学で経済学を専攻とされていない人からの質問だと思います。答えは、マクロ経済学に限らず、経済学という学問自体、欧米(発祥の地はイギリス)からの輸入ということが用語の難解さに関係しているからだと思います(ちなみに、「経済」という用語を現在我々が使っている意味で使用するようになったのは明治時代以降です)。外から入ってきた学問(経済学に限った話ではありません)に対して、日本語訳を当てはめる場合、元々は自分の国になかった言葉ですから、直訳するとどうしてもしっくりこないケースが多くなります。経済学だと、「信用創造」や「流動性のわな」なんかはその典型例です。あるいは適した日本語がないと、そのまま外国語を使うことにもなります。ポートフォリオリバランスは、まさにその代表例だし、最近の洋画のタイトルがカタカナだらけなのもそのためだと言えます。

質問に対する答えはこれでおしまいですが、ちょっと気になったので、もう少しお答えしましょう。初めて耳にした用語を、よく国語辞典なんかに載っている意味に置き換える人がいますよね?もちろん、わからないことを辞書やHP検索をすること自体は、とても素晴らしいことです。でも、経済学に限らず、専門用語について意味を辞書で調べようとすると、もっとわけわからなくなります。というのも、辞書に載っているのは語源であって、現在その用語がつかわれている意味と異なっていることが多々あるからです。

例えば「ポートフォリオ」という用語について言えば、辞書を見ると「紙挟み。折りかばん」なんて載っています。でも、テキストに出ているポートフォリオを「紙ばさみ」なんて訳したら、何の事だかもっとわからなくなりますよね?大事なことは、初めて出てきた用語がどういう文脈で使われているかを理解することです。それはテキストや講義でちゃんと話しています。そこをはき違えると、経済学に限らず、初めて学ぶ科目全てが勉強するのにつらい科目になってしまいます。

質問をされた方にとっては経済学がつらい科目なのかもしれませんが、でも私にとっては法律の用語こそ難解です。見慣れない漢字もたくさん登場しますし…。ただ、私がそのような状況に直面した場合、テキストにおいて、どういう文脈で使われているかを理解するようにしています。そこで、興味を持てたら、はじめてその用語の語源等を辞書で調べるかもしれません。

ちなみに、公務員試験の経済学では、専門用語そのものが問われるということはほとんどありません。ある理論について正しい内容を答えさせたり、計算問題が課せられる方が圧倒的に多いです。耳慣れない用語が出てくると、どうしてもそこが気になってしまい、先に進めなくなる人が多いかと思いますが、まずは用語そのものではなく、ストーリーを把握することに注意を払ってもらえたらと思います。

それでは、また。

2016経済学ランキング

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================

スポンサーサイト

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20150924084848 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
     © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。