岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
『必勝倍速マスター講座<経済学>』テキスト掲載の問題についてお答えします(ミクロ経済その1)

みなさん、こんにちは。私のテキストは、ある項目の説明をした後に、確認問題として実際に出題された本試験問題またはERE(経済学検定試験)問題を正答番号とともに掲載しています。ただし、解説については①実際に講義を聴いてほしい、②解説まで載せてしまうと繰り返し演習するうちに解説まで丸暗記してしまい類似問題が出たときに対応できない、ことから簡単なヒントくらいにとどめています。ただし、「いくら講義を聴いてもわからない!」ということは当然あるので、これまでに質問が寄せられた問題のなかから、順次ここでお答えします。今回はミクロ経済学のテキスト33ページの例題です。


ブログ0928


この問題、経済学の初学者であっても起点はEかGのいずれかであることは気付くはずです。なぜなら、問題文に『F 点において無差別曲線と接している点線は、所得が変化した後の予算線と平行な補助線である』とあることから、F点は予算制約線上の点ではないことが明らかだからです。

では、起点をEとした場合から見ていきましょう。お気づきのように、本問はX財価格上昇のケースなので、X財数量は減少することが想像できますが、E点よりも左側には点がありません。ゆえに、起点はG点となります。
これでG点が起点ということは分かったので、X財価格上昇により、どのように点は移動していくのかについて、代替効果と所得効果の2つにわけて考えるだけで答えはわかります。

代替効果とは、テキストの定義にもあるように「財の価格が変化したとき、効用水準を一定に保ちながら消費計画を変えるときに生じる効果」のことです。価格上昇によりX財の数量は減少します。ただ、効用は一定である必要があります。X財の数量が減るのに、どうやって効用を一定にするのか?答えはY財がその分増えればいいだけです。ゆえに、図中でそれに該当する点はF点となります。ゆえに、GからFへの変化が代替効果となります。

次に所得効果についてですが、テキストの定義にもあるように所得効果とは「財の価格が変化したとき、実質所得の変化が消費計画の変化に与える効果」のことです。言い換えれば、図中のFを通る点線と価格変化後の予算制約線の間の変化です。X財価格が上昇するということは実質所得の減少を意味します。例えば、皆さんがバイト代で毎月1万円稼いでいるとします。当初はある財の値段は100円だったけれど、今月からは1000円になったとします。稼ぎは変わっていないけれど、モノの値段が上がったことで、今までに比べて1万円で買える量が減っていますよね?これが実質所得の減少です。よって、所得効果はFからEへの変化ということになります。

ちなみに、この図におけるX財、Y財はそれぞれ何財ですか?いままで習った知識で答えることができますよ。しっかり考えて、理由とともに答えを出してみてください。答えを出したら正解をお教えします。公務員試験の問題(本問はEREの問題ですが、EREで出題された問題は公務員試験でも出題されやすい傾向があります)って、全く同じ問題は出ないけれど、このようにちょっといじった形で出題されることが多いので、ぜひチャレンジしてみましょう。
それでは、また。

2016経済学ランキング

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================

スポンサーサイト

関連記事 [過去問紹介]
過去問紹介 | コメント(0) | 20150928115629 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
     © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。