岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
財政事情の勉強の仕方(その1)~税について~

  

みなさん、こんにちは。今回も必勝倍速マスター財政学関連のネタについてお話しします。まだ、独学者はもちろん、予備校に通っている人も財政学についてはそれほど力を入れて勉強してはいないと思いますが、税をめぐる話は択一試験だけでなく、最近は教養論文でも登場してきていますので、今からでも少しずつ関心を寄せておくといいですよ!(なにしろ、皆さんが公務員になった場合、毎月のお給料の源は税金なのですから…)

早速ですが、次の文章は○か×か答えてください。

『平成27年度の一般会計当初予算の歳入についてみると,景気回復と消費税率引き上げにより、租税及び印紙収入は54兆円を超える水準にある。そのうち最も多くを占めるのが消費税であり,続いて法人税,所得税の順となっており、法人税については景気回復の影響が税率引き下げの影響を上回り前年に比べ約1兆円の増収となっている。』

これ、今年の財務専門官の択一問題(もちろん来年向けに改題してあります)です。答えは×です!では、どこが違うかわかりますか? 前もって言っておきますと、公務員試験の経済分野の文章題って、細かな数字で正誤判別をさせることはほとんどありません(大まかな数字は知っておく必要がありますが…)。

ゆえに、金額や割合を丸暗記しようなんてことすると、いつまでたっても勉強の効果は向上しないしテストを受けても点数は伸びません。金額や割合は「約○円」「約○%」という程度の理解で問題ありません。

そんなことよりもはるかに重要なのが、順序や増減です。ここが疎かだと、経済分野(財政事情や経済事情)に関して言えば、取り返しがつかなくなってしまいます。ところが、いわゆるアベノミクス以降、順序や増減が大きく入れ替わっています。それゆえ、古本屋等で入手した参考書で試験勉強しても、財政事情や経済事情の問題は全く解けません。独学者の方やこれまで予備校で勉強していたけれど再チャレンジする予定の方は、そうした制度面での変化を頭に入れた上で試験勉強をすべきでしょう。

ちなみに、例題は、税収の順序の部分のみが誤り(正しくは、消費税、所得税、法人税)で、後の記述は正しいです。詳しい説明が必要な方は直接質問するか、私の財政学の講義をお聞きください。

それでは、また。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================


スポンサーサイト

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20151122221609 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
     © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。