岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
経済理論の勉強の仕方~計算問題について~

  

みなさん、こんにちは。ここ1か月ほど前から、大学の講義で予備校の教材を片手に質問してくる学生が増えています。私の所属している大学には予備校による学内講座が開講されているのですが、不思議なことに学生が持ってくる教材はそことは違う学校の教材です(一体どういうことなのでしょうか…。本題とは違うので、これ以上の詮索はしません)。で、皆聞いてくるのが、計算問題の解き方についてです。

「問題から、解説にあるような解法が思い浮かばないし、そもそも、ここに書かれているような計算方法でないと答えが出ないのですか?」

問題集を見ると、限られたページ数で非常に多くの問題が掲載されているため、必然的に解説が簡素化(平易ならばよいのですが、ほとんどがいきなり数式の展開から始まっています)されており、経済学をしっかり勉強してきた学生ならばこれでよいのでしょうが、私が所属している経済学部の3年生ですら根を上げるのですから、初学者にはつらいと思います。

で、質問に対して私がいつも言っているのは、「問題集の解法が唯一の解法じゃないんだよ。計算問題を解くときには、必ず2つのプロセスを踏んでね」ということです。

①どの分野からの出題なのか把握する。
マクロ経済学だと、大抵の学生が質問してくるのはIS-LM分析以降です。

②どの分野の問題なのかが把握できたら、その分野で頻繁に登場する図を用いて、問題で要求されている部分を把握する。

例えば、「財政政策でクラウディングアウトによる減少したGDPを金融政策で埋め合わせるには、貨幣供給量をどれだけ増加させる必要があるか?」という質問が頻繁にきますが、IS曲線とLM曲線を同じだけ右シフトした図がイメージできれば、計算なんてほんのちょっとで済んでしまいます。ちなみに、質問に来た学生は皆、ここまでで「なんだ、こんな簡単な問題だったんだ…」とあっけにとられてしまいます。

みなさんの多くは、計算問題とわかると、すぐに数式を作ろうとしますが、それはある程度勉強が進んでからやるべきことです。まずはビジュアル(つまり図)で示す練習をしましょう。私がしつこいくらい、「経済学は図、文章、式の三位一体で理解するのが理想だけど、まずは全ての理論を図で示すこと!」と講義で言っている理由は、正にこの点にあります。

それでは、また。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================


スポンサーサイト

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20151129183015 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
     © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。