岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
分からない問題を講師に聞くときの「コツ」

  

みなさん、こんにちは。

本試験まで2ヶ月前後となったこの時期、必勝倶楽部の講座を受講していただいている方から、ひっきりなしに質問をいただきます。

経済学、とくに理論的な論点、例えば計算問題やグラフの読み取りなどの問題は、解説を読んで分からないとなると、それ以上、他のテキストなどを読んでも理解できないことが多く、いくら考えこんでも時間のムダになってしまいます。

そういうときには、経済学が分かる人に聞くのが一番。私の講座を受講されている方は私に聞いていただければよいですし、予備校に通っている方はその予備校の講師に聞いてみてください。聞くのをためらっていては、特に経済学は伸びません。

ただ、質問するときには「コツ」があります。何かというと、

どこがどう分からないかを明確にすること

です。よく、過去問を持ってきて、

「この過去問の解き方が分からないので教えて下さい」

と尋ねる受験生がいるのですが、これだと講師の側も、その問題のどの点がどう分からないのかが明確にならないので、教えようにもうまく教えることができません。

したがって、例えば計算問題であれば、自分でやってみた式やその展開についてできるとことまで書いてみて、「ここから先が分からない」とか「この式がなぜこうなるかが分からない」など、分からない点を明確にしてみてください。

こうすることで教える講師のほうもピンポイントで教えることができますし、質問する側も、分からない点がどう分かるようになったのかより明確になり、次以降に同じミスをしにくくなります。

分からない点を明確にするのは面倒なように見えますが、実は結果として効率的に穴をなくしていくことができる「コツ」です。是非実行してみてください。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================

スポンサーサイト

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20160413135615 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
     © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。