岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
経済学を苦手にしないためのコツ

公務員試験で課される数多くの科目の中で、1、2を争うほど「苦手」される確率の高い科目が経済学。おそらく文系受験生が多く、経済学が数字や数学を使うために敬遠されがちなのがその理由だと思います。

予備校の講座や市販の過去問集などを使って頭から学習を始めても多くの場合、早々につまづいてしまうようです。

しかし!!! この最初の「つまづき」の時こそが、経済学を苦手科目としてしまうか、そうならないかの分かれ道になります。

結論から書くと、最初のほうでつまづいても気にせずに次に進んでください。つまづいた箇所が理解できなくても全く気にする必要はありません。

なぜかというと、経済学は、学問的な構造がしっかりとした科目なので、論点ごとの関連性が非常に強いのが特徴です。そのため、ある論点が分からなくても、他の論点が理解できると、その分からなかった論点まで分かるようになってしまう、というケースが多々あります。これはミクロ経済学、マクロ経済学どちらにも当てはまることです。

したがって、分からない論点に出くわしたとしても、とりあえずスルーして先に進んでしまってください。几帳面に1つずつ論点を最初からクリアしていく、という学習方法は経済学では時に非効率となり、苦手科目と感じるようになってしまう大きな原因となっています。

とにかく最後までやりきってから、もう一度最初に戻って学習していくと、最初にやったときにはチンプンカンプンだった論点がなんとなく理解できてしまう、ということはめずらしくありません。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2017/

=====================================

【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数


スポンサーサイト

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20160707140636 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
     © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。