岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
経済学の過去問集はこう選ぼう

書店やAmazonでチェックすると、経済学の過去問集って、けっこうたくさんあることに気付きます。あまりに多すぎて選ぶのが大変。。。と感じることも多いと思います。

さて、数ある過去問集の中からどういう観点で選ぶのがよいかというと、ズバリ、

解説がわかりやすいかどうか

という観点で選んでください。過去問集によって掲載されている問題にも違いがありますが、大差ありません。でも解説には大差があります。

とくに経済学は、各論点ごとの計算過程や解法プロセスをキッチリ押さえることが得点するためにはなにより大切となります。でもその肝心な計算過程や解法プロセスが丁寧に解説されいてない過去問集だと、そもそもそれらを身につけることができません。計算過程を端折っていたり、解法プロセスが曖昧な過去問集の解説は読んでも時間のムダです。特に計算が苦手だと感じている場合は、特にこの観点を重視して過去問集を選ぶようにしてください。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2017/

=====================================

【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数




スポンサーサイト

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20160803191718 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
     © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。