岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
ミクロ経済学とマクロ経済学の違い

みなさん、こんにちは。経済学がミクロ経済学とマクロ経済学の2つから成り立っていることについては、このブログのはじめの方でお話したかと思いますが、2つの違いについては何も話してきませんでした。今日は、2つの違いとともに、初学者の人はどちらから勉強を進めるべきかについて、お話ししましょう。

1.ミクロ経済学とマクロ経済学の違い
 辞書で「ミクロ」と「マクロ」を調べると、大抵次のように書かれています。

・ミクロ=微視的:小さい目で見る
・マクロ=巨視的:大きい目で見る

でも、これだけでは、何のことかわかりませんよね?

①ミクロ経済学
これは、ある市場(テレビ、パソコン、スマホ、肉、野菜、家具でも何でもいいです。これらはまとめて「財」とよばれます。ちなみに「市場」は「しじょう」と読みます)で,どのような取引が行なわれるか、つまり、その市場で価格と取引数量がどのように決定されるかについて分析する学問です。

RPG風に説明すると、主な登場人物は「消費者(財を買いたいと思っている人、家計ともよばれる)」と「生産者(財を売りたい、あるいは、売るために財を作る人や企業)」ですが、現実の世界では両者だけですべてを任せると、いろいろな問題が生じたりします。そこで、仲裁役として「政府」が登場します。そして、彼らが活躍する舞台が「市場」であり、ここで消費者と生産者が出会い、そしてゲームをするのに必要なアイテムである財を取引します。

その際、注意してほしいことがあります。現実の世界では、お金持ちの人もいれば、貧しい人もいます。また、大企業もあれば中小企業もあります。でも、行動パターンについてはみな共通していると、ミクロ経済学では考えます。それは、お金持ちの人だろうが貧しい人だろうが、買い物をするときは皆、自分の満足感を最大にするように行動し(これをミクロ経済学では、「効用最大化」といいます)、また大企業だろうが中小企業だろうが、生産するからには皆、自分の儲けを最大にするように行動する(これを利潤最大化といいます)ということです。だから、ミクロ経済学では「代表的個人」「代表的企業」といった言葉がよく登場するのです。



②マクロ経済学
これは、特定の財の取引を考えるのではなく,1国全体での生産や消費を考える学問で、国民所得の大きさが分析対象となります。マクロ経済学でも、ミクロ経済学同様、市場での取引を考察しますが、その際、財市場(ミクロでは、ここだけが分析対象です)だけでなく、財の取引をサポートする「貨幣(お金)」、さらには財の生産において最も重要な役割を果たす「労働」の市場についても分析します。貨幣は、単に財の売買のための手段としてだけではなく、将来、儲けてから返済することにより、現在、資金がないという理由で消費出来ない状況を解消し、取引しやすい状態を作り出す(これが金融です)役割も負っています。また、労働市場では、社会問題の中でも深刻な問題である失業問題についても分析します。このように、マクロ経済学は1国全体の経済を分析対象とするため、扱う範囲もミクロ経済学に比べてかなり広いものとなっています。



2.どちらの科目から勉強した方がよいのか?
これは何とも言えません。多くの予備校さんではミクロ経済学から学習することを勧めていますし、私も特に異論はありません。しかし、大学によっては、マクロ経済学から始めるところがあるのも事実です。おそらく、新聞等で報道される我が国経済が抱える様々な経済問題を理論的に考えたい欲求が強い人には、マクロ経済学から勉強するほうが、現実と理論の相違点が把握できて、経済学に対する興味が深まるかもしれません。

私個人は、身近な経済事象からだんだんと対象を広げていく方が性に合うのでミクロ経済学から勉強してきましたが…。
幸いなことに、必勝倶楽部の講座は「ミクロ」「マクロ」同時発売ですので、皆さんはとりあえず初回講義についてはどちらも視聴して、頭に入りやすい方からスタートしてみてはいかがでしょうか?ただし、マクロから始めた場合、前回ブログで書いた微分については既知という前提で講義をしていますので、注意してくださいね。

==============================
8月15日(土)特別価格にて発売!
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/

==============================


スポンサーサイト

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20150729120000 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
     © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。