岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集
教養区分試験を受験してみよう!



みなさん、こんにちは。前回は経済学を効率的に学習するための手段として、ERE受験のススメについて書きましたが、今回は来年の公務員試験を受験する全ての方におススメのことについて書きます。

それは、国家公務員総合職<教養区分>試験です!この試験は、毎年秋(今年は9月27日(日))に実施され、最終合格の発表は12月中旬とかなり長期間にわたる試験です。「キャリア官僚なんか興味ない!」という人も多いかと思いますが、下記の理由から、私は受験をお勧めします。

①モチベーションアップと試験の「場慣れ」のため
多くの受験生にとっての本命は、翌年春~夏にかけての採用試験ということもあり、真夏はどうしてもダレテしまいます。一方、教養区分試験は9月下旬に実施されることから、「来月下旬に試験がある!」と思えば、モチベーションアップにつながるかと思います。対策が間に合わず出来が悪かったとしても、本命の採用試験より前に本番の雰囲気を味わうことができるのですから、ここから、気合を入れ直すこともできます。

②タダで最良の模試(実施する側にとっては失礼な話ですね…)が体験できる!
公務員試験ですから受験料は当然タダですし、国家公務員試験の場合、試験問題も持ち帰りできます。さらに、教養区分は1次試験の段階で教養択一試験だけでなく、4時間にも及ぶ教養論文(科目名は総合論文)が課されるので、早い段階で論文試験も体験できます。そして、1次試験を突破できれば(まあ、ここを突破するのだけでもかなり大変なのですが…)、2時間近くに及ぶ6人一組のグループディスカッション(科目名は「政策課題討議」)、人事院面接、さらには現職官僚を前にした企画提案試験(最近、自治体で増加傾向にあるプレゼンテーション試験に相当しますが、かなり絞り上げられます)が体験できます。つまり、1次試験さえがんばって通過すれば、官民問わず就活で要求されるほぼすべての試験を先取りできるのです。最終合格できるかどうかは置いといて、秋の時点でこれだけの真剣勝負を体験すれば、翌年の本命において大いに自信になるのではないでしょうか?

以上、教養区分受験のメリットについてお話ししましたが、人事院HPをご覧になれば明らかなように、出願期間は今月5日からのわずか2週間です!本命はあくまで翌年春のつもりで臨めば、過度に緊張することもないと思いますし、せっかくの機会を利用しない手はありません。さらに、今年度よりTOEICやTOEFL等のスコアが最終合格決定時の加点対象となりますので、英語が得意でTOEIC730点以上のスコアを既に保持している人はチャレンジする価値大ありですよ。

==============================
8月15日(土)特別価格にて発売!
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/

==============================

スポンサーサイト

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20150806123850 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
     © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。