岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集



みなさん、こんにちは。

本来ならば、今月末には必勝倍速マスター財政学の販売ができるよう、教材作成ならびに収録は今頃ほぼ終了していて、ブログ更新が滞るはずがないのですが、実は公務員試験の財政学の超重要基本書とでもいうべき存在である

『図説日本の財政 平成27年版』(東洋経済新報社)

の発売が当初予定より幾度となく延び延びになっており、このブログを書いている時点においても発売されていません。

当初は、発売を待って教材制作および収録を開始しようと思っていたのですが、1か月以上先送りとなっているため(現時点では10月30日発売予定)、今月より理論分野および他資料でカバーできる部分を中心に制作ならびに収録を開始しました(収録は1回20分の全30回のうち、8回目まで終了しています)。

最後は『図説日本の財政 平成27年版』の発売を待って内容チェックを行う必要があるため、必勝倍速マスター財政学の販売11月にずれ込んでしまいますが、最新資料の内容を完全反映していますので、受験生の皆さんは『図説日本の財政 平成27年版』をわざわざ購入しなくても(我が国の財政に強い興味があるのなら買ってもよいと思いますが…)、大丈夫ですよ。地方上級・国家一般職レベルの財政学は、財政制度・事情が極めて重要ですが、闇雲な丸暗記は知識の定着につながりません。公務員を志望しているのですから、国あるいは地方の財政状況をしっかり理解できるよう、是非、私のテキストをご活用いただければ幸いです。もうしばらくお待ちくださいね。

それでは、また。

2016経済学ランキング

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================


関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(0) | 20151023112600 | 編集

みなさん、こんにちは。前回同様、今回も表題のとおり、11月に発売予定の必勝倍速マスター<財政学>の紹介になります。今回は、私の講座の特徴(テキスト、講義内容等)についてお話ししますが、ミクロ・マクロ経済学と同様「限られた時間で最大限の効果を得る!」という基本方針に変更はありません。

3.講座の特徴

①わずか6回の講義(10時間)で、公務員試験で問われる全範囲がカバーできる!

 前回のブログで財政学の重要性についてお話ししましたが、いくら重要だからと言って、課せられる学習量が膨大だったら挫折してしまいます。しかし私の講座では、財政学は経済系科目の応用分野であるという特徴を最大限に生かし、特に財政理論において、経済学の講義で説明している部分は説明を簡略にすることで、最小限の講義数で最大限の学習効果が得られるようにしています。

さらに、テキストおよび講義進行も「財政制度・事情編」と「財政理論編」の2本立てにしていることから、国家一般職受験予定者のように、必ずしも全範囲を学習する必要がない人のことも考慮した構成になっています。

②最新の制度改正に完全対応した構成

財政学は、予算内容や制度改正についての出題が頻出なので最新の教材が必須ということは、多くの公務員試験受験生に認知されているかと思いますが、実は最新年度版を謳っている教材でもこの制度改正にきちんと対応できていないのが実情です(さすがに、どの受験対策本も予算については、最新の数字にしてありますが…)。

例えば、「地方交付税制度について説明せよ」という問題(都庁の財政学なら頻出なので出てもおかしくないですよね?)、勉強してきた人は、まず地方交付税の意義や目的そして財源について記述します。その際、交付税の財源について『所得税・酒税の32%,法人税の34%,消費税の22.3%,たばこ税の25%と法定加算との合算額』と書く人がほとんどで、問題集もそのように書いてあると思いますが、来年の試験を受ける皆さんがこのように書いたらダメですからね!消費税率引き上げ、法人税率引き下げ等の税制改正の影響は地方交付税制度にも影響しており、近年にない大きな変更をもたらしています。ですから、特に公務員試験の勉強が2年目になる人は本当に注意してください!(答えは、財政学テキストの地方の財政制度のところを見てください)

それでは、また。

 2016経済学ランキング

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================


関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(0) | 20150921114455 | 編集

みなさん、こんにちは。経済学の勉強は順調に進んでいるでしょうか?今回と次回は、表題のとおり、11月に発売予定の必勝倍速マスター<財政学>の紹介になります。専門科目が課せられている試験種を受験する予定の皆さんには、財政学が公務員試験でどれだけ重要かつお得な科目であるか感じ取ってもらえると嬉しく思います。

1.公務員試験における財政学の位置づけ

財政学は経済系科目に属し、一般に応用系科目とされています。それゆえ、大学の経済学部では、経済学科の学生は3年次に学習しますが、それ以外の学科では学習する機会がないという人も普通にいます(事実、私が所属している大学がそうです)。

このように書くと、経済学を選択しない人や経済学に苦手意識を持っている人は、財政学を避けようと考えがちですが、公務員試験において財政学を捨てるのは非常にもったいないことですよ。というのも、公務員試験の財政学は、経済理論の知識が全く欠けていても解ける問題がほとんどだからです(もちろん、計算問題は話が別ですが、近年その出題頻度は大きく低下しています)。

それに、実際に公務員として仕事をするようになると、税、予算、社会保障の業務に携わる機会が多くなりますが、それらの基礎理論を総合的に学べるのは財政学だけです。ですから、勉強しておいて損はありませんし、知らないと実際に仕事をするようになったときに、恥ずかしい思いをたくさんする羽目になってしまいます。

2.財政学の構成

公務員試験における財政学は、①財政理論、②財政制度、③財政事情から構成され、大多数の試験種では、それらの全てを出題対象としていますが、特別区や国家一般職のように一部だけを出題分野とするところもあります。なので、募集要項(前年のものでも構いません)等で事前に調べておくことをお勧めします。

①財政理論
ミクロ経済学・マクロ経済学の知識を前提に、租税理論や財政の3機能(資源配分機能、所得再分配機能、経済安定化機能)に関する学説問題および計算問題がほとんどです。国家一般職では出題されません。

②財政制度
国の予算制度全般、地方財政,公債管理制度,年金制度などが該当します。制度ですので、基本暗記問題です。国家公務員試験では毎年、選択肢の1つに必ずといっていいくらい国の予算制度に関する問題が登場する一方、地方公務員試験では、地方財政制度に関する問題が必ずと言っていいくらい登場します。過去問の焼き直しがほとんどなので、出題パターンを理解しておくことが重要です。

③ 財政事情
受験前年(皆さんの場合、H27年度)の国の一般会計予算の内訳および地方財政計画の内容について必ずと言っていいくらい出題されます。その他の分野で出題可能性が高いのは,最近の税制改正や社会保障関連の内容です。財政制度同様、ここも暗記ですし、受験前年の予算の内訳を覚えていれば容易に解答できるので、非常にお買い得です(ただし、特別区では財政事情が出題されることはほとんどありません)。

これらのうち財政制度・事情対策としては、東洋経済新報社から出版されている『図説日本の財政』の最新版が昔から定番とされているのですが、450~500頁もありますので、多数の科目を学習しないといけない皆さんが独学で読みこなすのは非効率です。なので、必勝倍速マスター<財政学>で効率的に知識を習得してもらえたらと思います。

次回は、私の講座の特徴(テキスト、講義内容等)についてお話ししたいと思います。

それではまた。

 2016経済学ランキング

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================

関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(0) | 20150916072836 | 編集

8月15日に発売した、私が講義を担当する講座

岩井商人の必勝倍速マスター講座2016<経済学>

が、Amazonの公務員試験部門ランキングで1位となりました。

  2016経済学ランキング



私の講義方法やテキスト執筆理念に少しでも共感いただいた方が多くいらっしゃるというのは非常に嬉しいことですし、受講生の方といっしょに合格を目指して行ければと思っております。このブログでも経済学そして公務員試験に関する情報を随時発ししていきたいと思いますので、講座ともどもよろしくお願いします。

関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(0) | 20150817104831 | 編集

みなさん、こんにちは。前回に引き続き、今週土曜日(15日)に発売される必勝倍速マスター<経済学(ミクロ・マクロ経済学)>の特徴について、今度は講義内容およびフォロー体制についてお話しします!

★必勝倍速マスターミクロ経済学 第1回★




2.講義

①テキストと完全連動!

通常、予備校の講義ってテキストと講師のオリジナルレジュメが配布されるけれど、実際の講義では講師のレジュメしか使われないことが多いですよね?「一体、テキストは何のためにあるんだ?」と活用法に悩むことありませんか?一方で、倍速マスターは私が作成しそして実際に講義も行うので、そうした無駄は一切ありませんし、テキストの章立てに完全に合わせて講義が進行しますので、毎回の講義内容はテキストの目次をみれば一目瞭然です。なので、予習(実際には必要ありません)・復習が容易に行いやすいです。

②予習は一切不要!

大学の講義だけでなく、予備校でも予習を強いる先生は結構多いです。大学の場合は、仕方ありませんが、予備校でも予習を要求されるのって、何かおかしいと思いませんか?だって、効率的に試験勉強を行いたいから、高いお金払って予備校に通っているのに予習をしないと講義の理解に支障をきたすようでは、何のために予備校に入校したのか訳が分かりません。

これに対して、私の講義では予習は一切必要ありません。初めて聞く内容も、身近な具体例をふんだんに使用することで、その回の講義内容を簡単にイメージできるだけでなく、概要も理解できるようになります。そして、知識の定着を図るために、たくさんある本試験の中でも学習効果の高い良質な問題の解説を行います。

③短時間でも効率的な学習ができるよう、各回講義は、1単元20分程度×5単元

予備校の生講義に参加すると、1コマあたり2.5~3時間程度で、間には10分程度の休憩をとるケースがほとんどだと思いますが、これだと時間のない人にはちょっとつらいですよね?私の講義では、各回とも5つの単元に分け、各回単元20分程度と、時間のない人にも配慮した構成となっています。

3.経済分野の質問ならなんでもOK!のフォロー体制

予備校の講義後に経済学の質問をしても、納得のいく答えが得られなかった経験ってありませんか? または、メールで質問しても1週間近く放置された経験はありませんか? 私ならば、ミクロ・マクロ経済学に限らず、財政学や経済政策あるいは経済事情といった経済分野のどんな質問でも迅速に対応します。公務員試験では効率性が最優先されるので、わからない問題等があれば、いちいち市販の基本書に立ち返るのではなく、どんどん積極的に質問しましょう。それが、経済学を得意科目にする一番の近道です! さあ、早速はじめましょう!

==============================
8月15日(土)特別価格にて発売!
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

==============================


関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(0) | 20150812125801 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
    © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。