岩井博士の これならわかる!経済学

必勝倶楽部公式Facebookページ
プロフィール

岩井商人(いわいあきと)

Author:岩井商人(いわいあきと)
国立大学大学院博士後期課程終了(博士・経済学)
長年、大手資格試験予備校にて、公務員試験各職種、公認会計士試験、不動産鑑定士試験等の経済学、財政学などを担当、また経済産業省等、中央官庁向け研修も数多く担当。現在は都内で複数の私立大学において非常勤講師として教鞭をとる。
経済学に関する確固たる理論に裏付けされた正確な知識と長年の講師経験で培った指導経験・試験情報を元に、「岩井商人」の講師名で『公務員試験必勝倶楽部』にて、経済学(ミクロ経済学、マクロ経済学)、財政学、経済事情など経済系科目全般を指導。数字や数学、グラフを多用する経済学にあって、それらを苦手とする文系受験生や初心者でも「これならわかる!」講義を誰よりも得意とする。

最新コメント

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事 [スポンサー広告]
スポンサー広告 | コメント(-) | ------------ | 編集

試験まで1ヶ月を切って、最後の追い込みをかけている人も多いと思います。

私が担当している

必勝倍速マスター経済学

を受講されている方から多くの質問を頂いていますが、けっこう多いのが、問題文をよく読んでいないために解けなくなっているというパターンです。

ミクロ経済学にしろマクロ経済学にしろ、特に計算問題では、問題文をしっかりと読む必要があります。特に、何を求めることを要求されているのか、という点を読み飛ばして、不必要な計算を延々としているケースがけっこうあります。

問題を読むときには、その問題が求めることを要求しているのは物価(P)なのか、量(Q)なのか、利子率(r)なのかなど、しっかりと読んでください。

また、経済学ではある変数を一定と置いて計算させる問題がよく出題されますが、それについても問題文で規定されていることがあるにもかかわらず、一定と考えないで計算してしまったりすると答えがでなかったり間違った答えになったりしてしまいます。

残された時間を有効に活用するためにムダなことはできるだけ避けるべき。そのためにも問題文は正確に読む、ということを徹底させるようにしてください。経済学の問題を解く上では非常に大切なことです。

  

『経済事情オリジナル予想問題集』に多数のお申し込みをいただき、本当にありがとうございます。ご興味のある方はご覧ください。 ⇒経済事情オリジナル予想問題集

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================

【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数


関連記事 [未分類]
未分類 | コメント(0) | 20160510144825 | 編集

今回は財政学についてです。

公務員試験では財政学ほとんどの職種で出題されます。また、財政学には、各種予算規模や政策にからむことも含まれているので、財政学の知識は択一対策のみではなく、教養論文対策や面接対策としても必要な科目です。

でも、財政学ってけっこう後回しにされがちな科目ですよね。そんな方には、是非とも、財政事情だけでもやっておくことをオススメします。

財政学は、(1)財政理論、(2)財政制度、(3)財政事情、の3分野に分けることができますが、(3)の財政事情については、時事的な要素が絡むので、模試を問題集代わりに使うのが効率的です。時事を学習するのと同じ感覚です。

職種を限定せずに複数の模試の財政学を解いていけば、どういう点が出題確率が高そうなのかは自然と見えてくるので、それらを重点的にやるだけでも割と安定的に得点することが出来ます。

また、財政事情は、教養試験の社会科学や時事でも出題される可能性がありますし、上述のように、財政事情で各種予算の数値や政策についても押さえておけば、教養論文でも使える知識となります。

このように財政学とくに財政事情はやっておくと色々とオトクな分野なので、時間がない方も是非手をつけてみてください!

  

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================

【LINE@必勝倶楽部】
友だち追加数


関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20160427132540 | 編集

  

みなさん、こんにちは。

本試験まで2ヶ月前後となったこの時期、必勝倶楽部の講座を受講していただいている方から、ひっきりなしに質問をいただきます。

経済学、とくに理論的な論点、例えば計算問題やグラフの読み取りなどの問題は、解説を読んで分からないとなると、それ以上、他のテキストなどを読んでも理解できないことが多く、いくら考えこんでも時間のムダになってしまいます。

そういうときには、経済学が分かる人に聞くのが一番。私の講座を受講されている方は私に聞いていただければよいですし、予備校に通っている方はその予備校の講師に聞いてみてください。聞くのをためらっていては、特に経済学は伸びません。

ただ、質問するときには「コツ」があります。何かというと、

どこがどう分からないかを明確にすること

です。よく、過去問を持ってきて、

「この過去問の解き方が分からないので教えて下さい」

と尋ねる受験生がいるのですが、これだと講師の側も、その問題のどの点がどう分からないのかが明確にならないので、教えようにもうまく教えることができません。

したがって、例えば計算問題であれば、自分でやってみた式やその展開についてできるとことまで書いてみて、「ここから先が分からない」とか「この式がなぜこうなるかが分からない」など、分からない点を明確にしてみてください。

こうすることで教える講師のほうもピンポイントで教えることができますし、質問する側も、分からない点がどう分かるようになったのかより明確になり、次以降に同じミスをしにくくなります。

分からない点を明確にするのは面倒なように見えますが、実は結果として効率的に穴をなくしていくことができる「コツ」です。是非実行してみてください。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================

関連記事 [勉強方法]
勉強方法 | コメント(0) | 20160413135615 | 編集

  

みなさん、ご無沙汰しています。多くの受験生(学生の場合)の方は春休み中で試験勉強に集中し始めていることでしょうけれど、私はというと、勤務している大学の定期試験がようやく終了し、いまは採点&成績評価に追われています。もうしばらくの間、ブログ更新は滞りがちになるかと思いますが、ご了承ください。でも、質問には、当日あるいは遅くとも翌日中にはお答えしていますので、焦りが生じ始めるこの時期にこそ、積極的に利用してくださいね。今日は、質問の有効活用についてお話しします。

経済学の履修経験のある人は、質問と言っても講義内容の確認程度であることがほとんどでしょうが、初学者の人は、どうしても質問が多くなります。質問してくれるのなら、まだいいほうです。下手をすると、何を質問すればよいのかもわからないことが多いです。だからといって、ほったらかしにしてると、どんどん訳が分からなくなり、そのうち、ネットか何かの情報で、他人がいいと言っている教材を手当たり次第に入手してめくるだけ…。余計な出費はかかるわ、勉強は進まないわ…。そのような事態に陥る前に、恥ずかしくても質問したほうがいいですよ。

試験まで4か月切ってますから、この時期に聞いてくるのが明らかにおかしい質問に対しては、私は怒ります。では、怒られるのが嫌だから、訊くのをやめていたらどんな結末になるか…。ちょっと想像してみるだけで、どうすべきなのか明らかなはずです。怒られるうちは、まだ何とかなるということの裏返しです。本当にもう手遅れとなれば、普通の人は穏やかに審判の時を迎えられるよう、当たり障りのない対応をします。

ここまでの話で、もしちょっとでも自分に当てはまるようでしたら、まだ間に合います。恥ずかしさを耐え忍び、疑問点を早急に解消しましょう。質問することが恥ずかしいという人もいるでしょう。また、質問の仕方がわからないという人もいるでしょう。でも、忘れてはならないのは、公務員試験は就職試験です。最終的には、コミュニケーション力がなければ、どうしようもありません。怒られようが、恥をかこうが、質問を通じてコミュニケーション能力を高めていきましょう。知識も定着し、コミュニケーション能力も養える、質問ってものすごい効果を発揮しますよ。

それではまた。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================


関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(0) | 20160214112718 | 編集

  

みなさん、こんにちは。いよいよ必勝倍速マスター財政学が、12月26日(土)に発売されます。

今回の財政学の教材・講義の特徴については、すでにブログで紹介してきましたが、今日は公務員試験勉強において財政学を勉強することの効用についてお話しします。「自分は経済学部じゃないから…」と理由で財政学を避けるのは単にもったいないだけでなく、下手すると、公務員の仕事に関心を持っていないとみなされる可能性もありますよ!

新聞やTV等で国・地方の予算や税金絡みの話題が取りあげられない日はありません。来月からの通常国会ではH28年度予算の審議が始まることから当然と言えば当然なのですが(ただし、公務員試験で出題されるのは現在執行中のH27年度予算についてなので、独学で財政学の勉強をする予定の方、注意してくださいね!)、税金を上げたり下げたりすることで、経済全体にどんな影響を及ぼすのか、手短にかつ分かりやすく説明することを求められた場合、ちゃんと対処できますか?

現在進行形の話題に関して、予備校生、独学生問わず多くの受験生は、一生懸命暗記して、その成果を一気に披露しがちになりますが、仕組みを知っていれば、暗記量は極めて少なく済みます。

財政学という科目は、皆さんと切っても切れない関係にある予算や税に関する制度・事情・理論すべてが対象となっています。その意味で、何学部であろうとも、公務員を目指す以上、絶対に関心を持っておくべき科目であります(ミクロ、マクロ経済学よりもはるかに仕事に役立ちますよ!もちろん、財政理論のベースにあるのはミクロ、マクロ経済学ですが、実務で経済学の知識を用いるケースってほとんどありません)。

それに、最近の公務員試験の教養論文では、社会保障、税、国と地方の関係など、財政学の中心分野が登場してきていますので、財政学を勉強しておけば、細かな事実関係についてフォローしていなくても、政策効果について論理的に説明できますから、事実関係の暗記ばかりに頼る受験生よりも、はるかに印象がよくなりますよ! そういうわけで、最終的に受験科目に入れるかどうかは皆さんの判断に委ねるとしても、最初から「財政学は勉強しない!」と決めつけてしまうのはあまりにももったいないですよ!

それでは、また。

=====================================
Amazon公務員試験部門ランキンキング1位獲得講座
岩井商人の必勝倍速マスター経済学
http://hissho-club.com/keizai2016/

=====================================


関連記事 [講座の紹介]
講座の紹介 | コメント(0) | 20151225135934 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
岩井講師のオススメ講座
検索フォーム
    © 2017 岩井博士の これならわかる!経済学  Designed by 意地天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。